2021-07-05

再び旅に出る日

 

普段急ぎ足で通り過ぎる近所の道も、ゆっくり散歩することができるこの頃は、いつもより多くの発見がある。

道端にさいている花を眺めたり、小さな新しいお店を見つけたり・・・

 

そんなスローペースな今こそ、日本を旅するにはちょうど良い機会かもしれない。

 

どんなにIT技術が発達しても、百閒は一見にしかず。まずは自ら動いてそこにしかない文化や景色を見に行こう。

できたら、建物一つでもその土地に根差したものがきちんと残っている場所を目指そう。

 

旅はプロセスも重要だ。誰かに連れていかれる旅だと道も覚えないから、なるべく一人で。

 

現地の空気を吸って、普段は出会えない現地の人達と交流して、現地のものを食べる。

各地の文化にふれ、肌で感じた実体験が伴うと、映像やインターネットで観る世界とは全く違うことに気付く。

 

それは、日本特有のきれい好きで謙虚な姿勢からあらためて学ぶ、美意識。

 

それは、神々や四季へのレスペクトも忘れない、そんな日本人を育てた美しい風景・・・

海外発信のカルチャーも魅力的だが、もう一度、旅を通じて掘り下げるのは日本人として大切なこと。

 

日本では言葉も通じるし、何となく知っていることも多い。つまり知っている「つもり」になっていることも多いのだ。

だからこそ、気持ちまっさらな状態で、再び日本を旅するのも悪くない。

まだまだ、見たことのない景色や知らない文化があるはず。

 

世の中こんな状況だが、再び旅に出る日を待とう。

あわてることはない。

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です