2021-04-15

ファッションも「自分らしく」

 

年齢をかさねるごとに、自分に似合うものがわかってきた。

いらないものは潔く手放し、本当に必要なものだけを大切にしたい。

自身の体形を知り尽くした世代だからこそ、移ろい行くトレンドに振りまわされることなく、自分のスタイルに合うものを上手にチョイス・・・

そんなことを意識していたら、自ずとスタイルが絞られ、よりシンプルなコーディネートを好むようになってきた。

 

一方で、小学生から履き始めたデニムは、今なお不動のマストアイテム。

いくつになっても飽きることなく履き続けている。

着慣れた大きなセーターやスウェット、シンプルなシャツなどは、どんな服にも合わせやすく、オールマイティだから出番も多い。

ただ、若い頃のように、Tシャツとジーンズだけでは決まらないのも重々承知である。

 

そこで、シンプルなコーディネートには、何か上質の一品を加えることで、エレガントな雰囲気にもなるのでは?と、アイデアがひろがる。

たとえば、デニムをカッコよく着こなすには?答えはズバリ、靴の選び方ではないか?と思いつく。

ありきたりなスニーカーより、ヒールやニュアンスのある靴を選ぶことで、グッと洗練度がアップするはず。

合わせるアクセサリーもシルバーやメンズサイズ時計はどうだろう?ちょっと冒険して、ネイティブアメリカン風のネックレスも合いそう。

デニムはストレートが好きだけど、春夏はフレアデニムにサンダルを合わせて楽しんでみても良いかも。

仕上げには、差し色となるバッグや小物を添えてサラッと着こなせれば、大人カジュアルな着こなしの完成形に。

 

ちょっとしたこだわりプラスで、ひろがる大人コーデ。

組み合わせの妙を、どんどん楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です