2020-12-13

ヨーロッパの女性たちに見習うこと。

 

私は、スイスのローザンヌで高校時代を過ごした。

この頃のスイスには美しいアルプスの山々や湖はあったが、若者の遊べる場所はなかった。

勉強するには最高の環境だが、ティーンエイジャーの私には退屈すぎて、最初の半年はホームシックになる。

そんな私も徐々に学校生活に慣れてくると、休みの日は電車に飛び乗り、ローマ、ミラノ、パリなどの大都市に遊びに行く機会が増えた。

各地での過ごし方は、ともかくブラブラ街を歩き回って、蚤の市や狭い路地を散策したり、色々な教会(ヨーロッパの教会はどこもステンドグラスが美しい)や美術館などに足を運んだ。

そして、歩き疲れたら、決まって近くのカフェに入り、テラスに座ってはボッーとピープルウォッチング・・・。

ヨーロッパの女性は着こなしに品があり、特に大人の女性のベージュや茶系のグラデーションの色使いや、アクセントになる小物のポイント使いはとても上手。

特にイタリアンマダムたちのオシャレはカッコ良かった。

胸が大きく開いた大胆な柄のワンピースに大きめなイヤリング、何重にも重ねたブレスレットをジャラジャラつける。

年齢関係なく、どこか上品で女性らしい。

フランスの女性はもう少しシンプルなコーディネート。

例えば白ベースのセットアップにアクセサリーで色を足し、マニッシュでボーイッシュに着こなしたり、

ヴィンテージの物と流行のアイテムをミックスしたエレガントなコーディネートも素敵だった・・・。

 

多感な時期の私の目に映ったのは、ヨーロッパの女性たちが外見や服装に完璧を求めず、リラックスして洋服を楽しんでいるようすだった。

自分自身が快適なことが、一番大切だと知っていたのだろう。

 

結局のところ、「どう服を着るのかでなく、どう着こなすか」 がファッションを楽しむ大事なエッセンスだと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらもどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です