diary
2021-04-15 | すべての記事

ファッションも「自分らしく」

 

年齢をかさねるごとに、自分に似合うものがわかってきた。

いらないものは潔く手放し、本当に必要なものだけを大切にしたい。

自身の体形を知り尽くした世代だからこそ、移ろい行くトレンドに振りまわされることなく、自分のスタイルに合うものを上手にチョイス・・・

そんなことを意識していたら、自ずとスタイルが絞られ、よりシンプルなコーディネートを好むようになってきた。

 

一方で、小学生から履き始めたデニムは、今なお不動のマストアイテム。

いくつになっても飽きることなく履き続けている。

着慣れた大きなセーターやスウェット、シンプルなシャツなどは、どんな服にも合わせやすく、オールマイティだから出番も多い。

ただ、若い頃のように、Tシャツとジーンズだけでは決まらないのも重々承知である。

 

そこで、シンプルなコーディネートには、何か上質の一品を加えることで、エレガントな雰囲気にもなるのでは?と、アイデアがひろがる。

たとえば、デニムをカッコよく着こなすには?答えはズバリ、靴の選び方ではないか?と思いつく。

ありきたりなスニーカーより、ヒールやニュアンスのある靴を選ぶことで、グッと洗練度がアップするはず。

合わせるアクセサリーもシルバーやメンズサイズ時計はどうだろう?ちょっと冒険して、ネイティブアメリカン風のネックレスも合いそう。

デニムはストレートが好きだけど、春夏はフレアデニムにサンダルを合わせて楽しんでみても良いかも。

仕上げには、差し色となるバッグや小物を添えてサラッと着こなせれば、大人カジュアルな着こなしの完成形に。

 

ちょっとしたこだわりプラスで、ひろがる大人コーデ。

組み合わせの妙を、どんどん楽しみましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2021-04-03 | すべての記事

T シャツのこだわり。

FLY HIGHオリジナルTシャツ

 

シンプルだからこそこだわった、上質な素材とシルエットが自慢のFLY HIGHオリジナルのTシャツ。

使う綿は、最高品質と謳われるシーアイランドコットン(100%)。

カリブ海、西インド諸島の限られた島からしか産出されない超希少なコットンは「奇跡の繊維」とも呼ばれています。

カシミヤのようなソフトな風合いでありながら、しなやかなさや丈夫さもあるのが特徴。

厚みやハリのある素材感で、一枚で着てもきちんとした着こなしになります。

首回りもすっきりしたデザインなので、どんなボトムでも合わせやすく、一枚あると幅広いスタイリングで活躍してくれる万能アイテムです。

私はマニッシュに着こなしたいので、プレッピーな紺のブレザーと立体感のあるカーゴパンツで合わせたり、上品にフレアスカートでさわやかコーディもおすすめ。

もちろん、女性らしさはあえて意識せず、ライダースやスニーカーと小物のポイント使いでカッコよくハンサムに着こなしてもよいですね。

FLY HIGHの物づくりへのこだわりをぜひ実感してください。

 

2021-03-05 | すべての記事

ノルウェーひとり旅

数年前、以前から憧れていたノルウェーにひとり旅をした。

最初に訪れた首都「オスロ」は、フィヨルドの最奥部に位置し、三方を山の自然に囲まれた緑豊かな都市。

美術館や博物館はじめ、見どころいっぱいの街でありながら、緑豊かな公園なども多くあり、全体的にのんびりと落ち着いた雰囲気の大人の街だった。

 

次に訪れた街「ベルゲン」は、 ノルウェーの西海岸に面した港町で、フィヨルド観光の玄関口としても知られる。

とりわけ、ベルゲン中心部にある「ブリッゲン地区」は、中世ノルウェーの建築物を探訪できる、世界的にも有名な観光スポット。1979年ユネスコ世界文化遺産にも認定された名所だ。

北欧らしい壮大な自然を背景に、カラフルで可愛らしい三角屋根の木造家屋が迷路のように立ち並び、まるで中世の世界に迷い込んだような気分に。

家屋の間の細い道を歩けば、ノスタルジックな気分に浸れ、隠れた人気ショップや個性的なギャラリー・工房などとの思いがけぬ出会いも。

そぞろ歩きしつつ、お土産探しも楽しめてしまうのだ。

 

また、見どころ多彩なこの街には、映画「アナと雪の女王」のモデルとなった「ファントフト・スターヴ教会」も。

中世ならではのバイキングの文様が特徴的な木造教会は、アナ雪ファンならずとも必見。

 

ダイナミックに旅を楽しむなら、フロイエン山にケーブルカーで登り、ベルゲンの美しい街並みを見渡すのもおすすめ。

 

また、世界的に有名な「フロム鉄道」という山岳鉄道にぜひ乗車して欲しい。

フロム線は、ミュルダル駅でベルゲン線から分岐し、ソグネ・フィヨルド沿岸のフロム駅までの山岳地帯を1時間かけて結ぶ鉄道線。

曲がりくねった急勾配の山間部を走る途中、車窓に迫り来る大きな滝など、変化に富む景観も見どころだが、

途中停車地の「ショースフォッセン滝」で見ることができる、「妖精フルドラ(Huldra)」の伝説にちなんだアトラクションは一見の価値あり。

轟音の響く滝のそばから、ノルウェイーの森に住むという伝説の妖精フルドラが、きれいな舞を披露してくれる。

ファンタジックな世界に興味がある方はぜひ、暖かい季節に訪ねてみてほしい。

運が良ければ妖精に会える…かも?

 

ノルウェーは女性の一人旅でも安全・快適に過ごせる。

北欧の中でも派手さはないが素朴で、手つかずの自然の素晴らしさを堪能できる。

深い森の中で深呼吸をしていると、身も心も解放されていくのが実感できる。

 

観光地をたくさん訪ね歩く旅も悪くはないが、ゆったりとした時間を過ごせる、大人ならではの贅沢な旅先として,

ノルウェーを訪ねてみてはいかがだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7 10